否定文の作り方 | 一般動詞の現在形 | 英語・発音音声付き

do [does] + not + 一般動詞(原型)』の形にする

一般動詞の前に『do [does] + not + 』を置くと、一般動詞の否定文になります。また、一般動詞は、主語が3人称単数の場合でも『s [es]』が付かなくなります。

主語が3人称単数の時だけ『does』を使い、それ以外は『do』を使います。

I do not drink wine.

私はワインを飲まない。

上の例文のように、否定文になると、一般動詞の前に『do not』が置かれます。

She does not drink wine.

彼女はワインを飲まない。

主語が3人称単数になると『do not』ではなく、『does not』になり、動詞も原型を使うようになるので、『drinks』のように『s』を付けずに『drink』のまま使います。

Words (Touch to open)
drink

〜を飲む・お酒を飲む【動詞】

wine

ワイン【名詞】


短縮形

do [does] + not』の短縮形は以下のようになります。

短縮形
do not
don’t
does not
doesn’t
I don’t like bell pepper.

私はピーマンが好きじゃない。

It doesn’t snow in summer.

夏に雪は降らない。